ローンに残りがある時の車買取

ローンについて

車買取では、しばしばローンが関係してくる場合があります。
そもそも人々は車を買う時に、ローンを組んでいる事があります。というのも車は、そこそこまとまった金額がかかります。値段が値段だけに、ローンを組んでいる方がいらっしゃる訳です。

 

ところで車の売却をする時にローンがまだ残っていると、少し話が複雑になる場合があります。例えばAさんという方が車を持っていて、ローンの残り金額は25万円だとしましょう。この時に車買取の業者から、買取金額は42万円と提示されたとします。

 

このような場合は、話は比較的シンプルです。買取金額の42万円からローンの残り金額の25万円を減じると、17万円になりますね。つまりAさんには差し引き17万円が支払われる事になる訳です。

 

ところが買取業者から20万円と提示されたとすると、話が少し複雑になります。この場合はローンの残金から買取金額を差し引いても、5万円が残ることになるのです。

 

このような場合は、ローンの組み換えになるパターンが多いです。仮にAさんがローン会社Bから借りていたとしましょう。この時は、B社ではなくC社のローンに乗り換える事になるのです。つまりC社からお金を借りて、B社のローンを全額返済する事になります。そしてAさんは、今度はC社に対して返済をしていく事になるのが一般的です。

 

また本来車のローン組み換えでは、所有権の為の手続きがあります。しかし車買取の業者を通じて組み換えるとなると、その手続きも代行してくれるケースがあります。
インプレッサの買取、査定で満足のいく査定額を出すには

 

このように状況は様々なのですが、もしもAさんにローンが残っている時は車買取の業者は色々相談に乗ってくれる事があります。最適な提案がされる事もありますので、もしもローンが不安な時には買取業者にその旨を相談してみると良いでしょう。